Archives

laughless

「もっと、笑えばいいのに」

彼女は素敵な笑顔でそう言った。その笑顔に始終癒されている身としては勝手極まりないことなのだろうけれど、僕は、もうその笑顔が僕に向けられないことを少しだけ祈った。責め立てられるような、そんな気分に近いものがあった。

彼女は、笑顔を作れない人間のことを知らない。例えば、僕のような。