Archives

deadheadz

「死んだよ」

さもそれが何でもないことかのように、彼は、ぽつりとそれだけつぶやいた。僕は彼から目を逸らすことができずに、そうしてしまうことで彼の言動や態度や何から何まで全て赦して、許容してしまうような気がして、僕は彼から目を逸らすことができずに、ただ立ち尽くして次の言葉を待つのみだった。

「死んだよ。何だかとっても、簡単に」

僕は、彼から目を逸らすことができないまま。