Archives

mess

「だって、あんたが悪いんじゃないか」

彼の言葉は何の迷いもなく、戸惑いもなく、私もそのようにできればどんなにか気分が晴れるだろうか、と、少しだけ考えさせてくれた。

「そうね、私が悪いんだわ」